六連稽古場日誌 = atelier journal =

春から新体制! 信州大学劇団六連銭のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

終了

追いコン、卒業式、長野公演が終わりまして
異常な過密スケジュールだった3月が終わろうとしています…


六連銭も、昨日早春公演のばらしが終わりまして、
ようやく早春公演全行程?が終了しました。

当日ご来場くださったお客様をはじめ、
過密スケジュールに付き合ってくださったオペレーターのお二人、
強行日程に呆れながらも協力してくださった信大劇団の方々に
最大級の感謝をしたいと思います。
ありがとうございました。



今年、六連銭はとてもたくさんのものを失います。


まずは役者。
「親指ポキン」で六連銭を再興し、それから活動を支えてきてくださった
まさに六連銭の歴史ともいえる先輩が二人、卒業されました。
公演終了後、高石さんと3人で写真を撮っていたのを見て、実は若干しょげていた自分。
もういないんだなあと思うのと、いない六連銭をまだ想像できていないのとで複雑な心境です。
海南斗さんもまだF棟でひょっこり会えるんじゃないかと思ってたり。
あと、卒業もさることながら、在学生も3、4年生に集中してしまう今年。
去年馬鹿みたいに芝居をやり続けましたが、今年また芝居ができるのか。

そしてアトリエ。
「県内で最も古いコンクリート建築」+「東日本大震災」と来れば…というような気もしますが。
学務いわく、来年度中に撤退だそうで。
つまり、再来年度以降はもうアトリエで芝居ができないということであって。
まあまだ詳細は聞いてないんですけどね!学務早くしr((殴
ただ、六連銭の強みでもあった「箱」がなくなるというのは本当に大きいと思います。


正直、こんなことを思っていると、どうしたらいいんだろうってなります。
先輩のいない六連銭すら想像できないのに、アトリエのない六連銭って言われても。
いろいろ探してもいろいろ手詰まりで。
どれにしたって我々がほとんど1からやってくしかなくて。
六連銭をきちんと引き継いでいける自信がないんです正直な話。

でも、六連銭を続けていきたいんです。
去年のようにとはいかないけど、「去年あれだけやっといて今年は0かよ」とか
「卒業生いないと何もできないのか」とか言われたくないんです。
私は負けず嫌いですから!ええ、そうですとも!山脈には負けねえ!←
と、もう芝居しないなんて言いながら、いつの間にか六連銭に愛着を持っていたらしい私です。

山翔!しまだま!秀ちゃん!岳くん!
激動の年だけど!六連銭はうちらが作ってくしかないんだよ!
芝居しよう!舞台にあがろう!どうせ今しかできないんだから!
そんでもって皆さん!
頑張ってあがき続けようと思います!私は!
なので、これからも六連銭を支えてください!愛してください!お願いします!

もうごちゃごちゃしててごめんなさい。そんで、毎度長くてごめんなさい。
涙で画面の見えてないレグルスでした←
稽古 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新入生かもん! | ホーム | アトリエ崩壊の危機>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。