六連稽古場日誌 = atelier journal =

春から新体制! 信州大学劇団六連銭のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

セリフを覚えてからが。@五世


こんばんは、火曜日の稽古場日誌を完全に忘れていました、バニラソフト五世です。
体調が悪かったんだもの、仕方ないよね(仕方なくない)(ごめんなさい)

本日はひたすら、ゲネで問題があったシーンや、詰めの甘いシーンをやりました。あとプラスαで、雑談というか、なんというか。

ついに本番3日前、ようやく全てのセリフが入ったように思います。
セリフが入ると、より一層、稽古が楽しくなることを実感しています。
高校演劇をしていた際、顧問が「同じ場を稽古するとには、常に別の時の役を演じなさい」と教わりました。我々はどんな時でも、全く同じ感情で過ごしていることはないでしょう、ということから、芝居をする際も、常に同じではなく、変化させてごらん、という意味です。
セリフを覚えることで、その試行錯誤を繰り返し行えます。次はどんな風に言ってみよう、どんな感情にしよう、どうやって動こう、どんな表情にしよう、そう考えると楽しくて楽しくて仕方がありません。

自分の演技が上手いとは思いませんが、楽しい気持ちは本当です。だからこそ、私はもっと芝居がしたいなと思ってしまいます。
その気持ちやモチベーションを、本番まで続けたいです。

私事なのですが、私は大学生としての生活を送る傍、パフォマーとしても活動しています。芝居の楽しさを噛みしめると同時に、その楽しさや経験を、パフォーマンスにも用いたくてたまりません。公演後も、何か成長できそうな、そんな予感がします。

本日の写真は、「脚本に、一子相伝の体術の構えを用いて技をかけようとする演出」です。
嘘です、今考えました。
実際は、稽古中、演出がいない役者の分のセリフを言っていた時、ふざけてこんな構えをしていたのです。面白かったので、稽古終わりに再現してもらいました。
良いお尻ですね


あと少し。頑張って、楽しんで、苦労して。全力を尽くしたいです。後悔のないように、色んな「彼女」を演じたいです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!
バニラソフト五世@2018/6/28
稽古場日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | HUGっと!プリキュア@水>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。