六連稽古場日誌 = atelier journal =

春から新体制! 信州大学劇団六連銭のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

食いしん坊部


 
ある日のご飯休憩。
金欠に悩まされる部員が多いため、みんなでご飯を持ち寄り、
今日も元気にモリモリ食しました。秋ですねぇ。
本日のメニュー
・白米
・豚汁
・揚げ物各種
・こうなごの南蛮漬け
・大学芋
・梨
 
なんとデザートまで!リッチ!
毎日のように「食いしん坊部だなぁ」と言い合っております。
 
公演の方は、そろそろインフォメーションを流せるはずです。必見!

スポンサーサイト
稽古 | コメント:1 | トラックバック:0 |

始動


 
こんばんは。というより、おはようございます。
学部最高学年になりました電脳です。はい。
 
上田久々に動き出しましたよ!
写真はチョコフレークを黙々と食べる図です。
なんやかんやどうにかこうにか楽しい舞台作りたいですね。
ちょくちょく日誌も更新できたら良いな。
六連の古株やら新顔やらわんさか出てます。
観に来てください、約束ですよ!

稽古 | コメント:0 | トラックバック:0 |

お初にお目にかかります

我輩は新人である。名前はまだ無い。






初めまして!この春から劇団六連銭に入団した新人(暫定名)です!



また、名前が決まったら改めて自己紹介をします。多分。


以後、お見知り置きを。

iPhoneから送信
稽古 | コメント:0 | トラックバック:0 |

楽しんでます@獅道レグルス

この度、サントミューゼでの公演に出演させて頂けることになりまして、只今その稽古に参加しています。

私自身、信大劇団から飛び出したのは初めてですが、ものすごく楽しく稽古させて頂いています。周りがプロの方々なので学ぶことも多く、本っ当に充実しています。どんな仕上がりになるのか今からドキドキわくわくです。

内容的にも今だからこそ多くの方に観て頂きたいと思う作品です。避暑も兼ねて(?)ぜひ上田まで足をお運びください!



私も貢献出来るように全力で頑張ります!そして全力で楽しみます!

******************
上田市交流文化芸術センタープロデュース
『真田風雲録』
作:福田善之
演出:内藤裕敬(南河内万歳一座座長)
出演:南河内万歳一座、関西で活躍する演劇人、地元出演者

【公演日時】
8月22日(土)・23日(日)
14:00開演(13:15開場)
※公演時間は3時間を予定しています。

【場所】
サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)大ホール
https://www.santomyuze.com/

【料金】
一般:3,000円
25歳以下:1,500円
※全席指定、3歳以下入場不可。

【プレイガイド 】
サントミューゼ(窓口、インターネット予約)
平安堂(上田店、上田しおだ野店)
チケットぴあ、ローソン、イープラス


≪1962年に初演、日本の演劇界を震撼させ伝説となった傑作青春群像劇≫
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで出会った落ち武者と戦場泥棒の浮浪児たち。むささびのお霧(霧隠才蔵)、人の心を読み取ることの出来る離れ猿の佐助(猿飛佐助)、腕自慢のずく入の清次(三好清海入道)、戦場でギターをかき鳴らすキリシタンの望月六郎……などなど個性豊かな面々。のちの真田十勇士である。
慶長19年(1614年)、徳川対豊臣の大坂の陣が勃発、智将・真田幸村とともに劣勢の豊臣方として参戦する真田十勇士。豊臣秀頼・淀君母子に寄り添う大坂城執権職・大野修理やその父・道犬らと意見を衝突させながらも、活躍の場を求めて必死に戦う彼らだったが…。
******************
稽古 | コメント:0 | トラックバック:0 |

6/20@獅道


もたもたしていたら投稿まで日が経ってしまいましたが、「6/20は六連の日!」ということでOBOG主催の六連の日パーティー(in 東京)に単身参加してきました。

ちょっと静かなわいわいがやがや感に懐かしさを感じつつ、劇団六連銭というコミュニティで素敵な人たちと繋がりを持てたことに改めて感謝した一日でした。





ちなみに長野松本で夏公演がありますが、劇団六連銭の今後の公演は未定です。
ちょっとおやすみ中、ということで。
稽古 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。